港町に灯るジャズの明かりひとつ

 かつて国際航路もあったこの港町にジャズの店がないことが不思議だった。ようやく2010年5月、この店が誕生した。

田代俊一郎著、書肆侃侃房刊「九州ジャズロード」より

 

 もし、懐かしいレトロな雰囲気の中で、ジャズを心ゆくまで樂しみたいのなら、迷わず”門司港Jazz inn 六曜館GIG”へお越しください。ジャズを愛しすぎて、故郷である門司港に唯一のジャズスポットを作ってしまったマスターとタイムスリップした感の店内が、あなたをお迎えします。週末には、全国からミュージシャンがやってきて、最高の演奏を聞かせます。難しいことは抜きにして、ワイワイ騒いだり、じ~んと心に響かせたり。ときには老若男女が集まって、時が立つのも忘れプロとジャムセッションを興じています。

(ライブ情報)

 

「この音楽を知らずに人生を終えるのは 人生最高の幸せを失うことになる」

                                     アート・ブレイキー(ジャズドラムの神様)